る看護師教育といったものを受けなければなりません

看護師になるのは、まず、法律によって定められている看護師教育といったものを受けなければなりません。そのうえで、国家試験に合格する必要があります。 具体的には、4年制の大学で教育を受けたり、3年以上の看護の専門教育を受けた後に、看護を実践する能力やほかの職種と協働できる能力などを問う看護師国家試験に受験して合格することで、厚生大臣によって与えられる看護師免許を取得することができます。

看護師免許を取得すると、患者などの療養上の世話や診療の補助をすることができるようになります。 看護師のほかにも、都道府県知事が与える免許を取得して、医師や歯科医師、看護師の指示で患者などの療養上の世話や診療の補助をする准看護師といった職業もあります。 看護師になるには、まず准看護師となって、そこから看護師へと進むという方法もあります。 この方法では、昼間の進学コースで2年間勉強して看護師の国家試験を受けることができます。また、定時制の進学コースでは3年間の勉強の後に受験資格を得ることができます。

義務教育を卒業した後にすぐに看護師になる方法としては、まず高等学校衛生看護科へと進学して准看護師免許を取得し、その後、昼間2年の進学コースへ進んで、看護師試験に合格するといった方法があります。 この方法だと、高校を卒業してから看護師を目指すと最短でも3年かかるところが2年しかかかりません。つまり、年齢20歳で看護師になることができるのです。 看護師が不足している現状にあって、看護師になるために時間がかかる中、最も早く看護師が目指せる方法として人気が出てきています。 ただ、看護師の免許を取得すると、そのままどこかの医療機関で働けるわけではありません。 働く場所は、看護師募集の広告などを見て、自分で探さなければなりません。

自分が思うような職場で今まで学んできたことを思う存分発揮して働けるかどうかは、この探し方によるところが大きくなります。


転職に悩んだらナース転職がお奨めです。